ハードボイルド

ハードボイルド(2002年 A-ARタイプ サミー)

ハードボイルド 筺体
ほーるどあっぷ・・・・

サミーのAR機はどれも最高級品です。

ディスクアップ・キャッツアイ・ハイパーリミックス

そしてこのハードボイルド!

サミーAR集大成のような台です。

★ハードボイルド 確率・機械割

 BIGREG機械割
設定1 1/485 1/829 94.7%
設定21/445 1/799 98.6% 
設定31/412 1/771 102.5% 
設定41/381 1/762 106.6% 
設定51/352 1/744 111.0% 
設定61/286 1/720 119.0% 

AR突入条件:ビッグ終了後1/2で突入
終了条件:150ゲームOR1000ゲーム消化時

 

★ハードボイルドの仕様

ディスクアップから続くサミーの十八番のAR機。

おなじみのツインビッグシステムでAR中のビッグは通常時1/3でしか取れない
小役を全て取れるスーパービッグに!

ハードボイルド 液晶2

ナビ通り左リールに絵柄を狙うだけ

ノーマルビッグはリプレイハズシ仕様で平均385枚獲得可能。
スーパービッグはリプレイハズシ使用で平均536枚獲得可能。

さらにAR中はボーナスをストックする機能を搭載。

今までAR突入→すぐにボーナス当選→AR抽選ハズレ→AR終了

となっていたパターンもARを完全に消化してから再度抽選を受けれるという無駄のないシステムになりました。

AR終了時のボーナスチェックはどきどきものです。

ハードボイルド 液晶

ここにARの文字があればAR1000ゲームのチャンス!

★ハードボイルドの設定判別

台の仕様がかなり過激なものになっているためボーナス確率はかなり重め。

特に際立った設定差もなかったため高設定狙いはかなり困難でした。

夕方あたりに結構回されていてボーナス確率がよければ打ってみようかなというレベル。

★ハードボイルドの立ち回り

主にイベント狙い。

1500ゲーム付近に天井AT機能あり。

ARじゃなくてATなのでそこまで増えない。

1000ゲーム以上回ってれば打ってみようかなというレベル。

★ハードボイルドの思い出

このころのサミーといえば巷をにぎわせていたのはコピー打法です。

インディジョーズの時にも書きましたが前回でた小役を次ゲームも同じ小役を引くことができるという裏技(?)というかゴトですね。

この台もインディ同様にコピーが効いたため知ってた人は相当勝ったと思います。

なんせAR中はボーナスをストックできるのですから単純にボーナス確率&AR突入率が2倍になる計算ですよね!

1確!!

ハードボイルド 1確

AR中なら次ゲームレバーをゆっくり下げます^^

しかも通常時の15枚役もコピーできるからコイン持ちも格段によくなります。

僕が知ったころにはお店もすぐ対策をして祭は終わってましたけどね^^;

そんなコピー抜きでもなかなか楽しい台でございました。

★ハードボイルド 僕の評価は

ハードボイルド リーチ目
食える度★★☆☆☆
設定6の爆裂度★★★★★
ゲーム性★★★★★
サウンド★★★★☆
技術介入度★★☆☆☆

72点!

コピー打法が存分に使えていたら食える度は★5になっていたでしょうね。

設定6は打ったことないですが人のを見る限り相当楽しそう!

AR中の音楽はまさにハードボイルド!って感じで好きです^^

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

キングキャメル 筐体

リールが21コマスベる!逆回転する! キングキャメル

ウルトラマン倶楽部3

エクストラな設定6!万枚量産マシン ウルトラマン倶楽部3

ディスクアップ

ART・リーチ目・機械割どれも至高の一台 ディスクアップ

獣王

獣王

ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎

祭