ART・リーチ目・機械割どれも至高の一台 ディスクアップ

ディスクアップ
(2000年 A-ARTタイプ サミー)

ディスクアップ 筺体

(C)SAMMY CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

今までのATとRTを複合させ出玉を維持しながら増やす・・・そんな新機能ART(アシストリプレイタイム)を初搭載した台。

秀逸なリーチ目とビタ押しを駆使したビッグ中の技術介入で設定1でも機械割が100%超えという高い機械割でホールの人気台でした。

初液晶、初ATときて初ARTとこのころのサミーは初物尽くしでした。

 

★ディスクアップ ボーナス確率・機械割

 BIGREG機械割ハズシ時機械割
設定11/348.61/2621.4495.2%101.5%
設定21/321.31/2621.4498.9%105.7%
設定31/306.21/2621.44101.3%108.3%
設定41/293.91/2621.44103.4%110.8%
設定51/273.11/2621.44107.3%115.3%
設定61/238.31/2621.44116.1%124.4%

ART突入率:全設定共通1/2
ART継続ゲーム数:50 100 200 2000
ART終了条件:BIG成立OR継続ゲーム数消化
ツインBIGシステム搭載

 

★ディクスアップは初のART機

ディスクアップはAT+RTというARTを導入した初の台です。

5号機の台だとまどかマギカがこの方式ですね。

ディスクアップはゲーム性がCTに似てますがCTは規定枚数が決まっていてそれ以上は獲得できないのに対しロングARTに入ればどんどん出玉を増やせる魅力がありました。

ARTゲーム数は50、100、200と継続していき200ゲームを超えればなんと2000ゲームというロングART確定という熱い仕様も!

2000ゲーム確定してどんなにゲーム数が残っていてももビッグ当選で終了してしまいます。

そのかわりART中に当選したビッグはハイパービッグになりビッグ中も成立している3択の15枚役を完全ナビしてくれます。
獲得枚数期待値は600枚前後(ハズシ完璧時)

 

★ディスクアップの打ち方

通常時の打ち方

左リールは赤7枠内、黒BAR枠内、青7下のチェリー枠内狙いなんかがあって人によって打ち方はまちまち。好きなところを狙えばいいと思います。

左リールを3か所好きな場所押して右リール適当に押してスイカがテンパったら中リールにスイカ狙い。

中段スイカテンパイハズレはリーチ目。

ディスクアップ リーチ目

スイカはリール消灯を伴うので消灯なしの中段ハサミスイカテンパイは2確。

2消灯でスイカ非テンパイも当然2確。

ディスクアップ リーチ目2

共通してるのがボーナス絵柄一直線、0枚役の★一直線、左リールチェリー否定でリプレイ揃わずの右リール下段チェリー付き赤7はリーチ目。

 

ビッグ中の打ち方

ノーマルビッグは技術介入要素があって中リール中段にリプレイ・★・★をビタ押しすると成立した15枚役を3択から2択へ変わる。

ディスクアップ リホホ

これを駆使することによりビッグ獲得枚数を上げることができました。

ビタ押しが成功するとジュワン!音がして消灯するのですがそれが気持ちいいのなんの^^それを聞きたいがためによく打ってましたw

1回目のJACインから中押しでリプレイ・★・★をビタ押し、2回目のJACインまで入れる。

3回目からはリプレイハズシで

ディスクアップ リプレイハズシ

リプレイ中段テンパイは黒BAR狙いでハズシ
リプレイ下段テンパイは黒BAR中段をビタ押しでハズシ

ディスクアップ リプレイハズシ2

ハイパービッグはナビ発生時は左リールに指定された絵柄を目押しであとは適当打ち。リプレイハズシはノーマルビッグと同様。

リプレイハズシは中段受けはラクラクはぜせるんですが下段受けはビタ押しが要求されるので緊張感がここちよかったですね。

 

★ディスクアップのART中

ARTに突入すると3択の15枚のナビが発生。

フラッシュ時はチェリーとスイカが成立。フラッシュ時小役否定でボーナス。

そのためART中は告知がない時は小役狙いする必要なく自由に打てていろんな出目を堪能できます。

そしてガンガンなっていたART中の音楽がふっと消えるとボーナスチャンス!
ディスクアップはREGは確率がひどくて超レア役に等しかったのでほぼボーナス=BIGでした。

つまりART中に音楽が止まればほぼハイパーBIGという激熱演出でした。

今考えるとこんなに楽しい台なのにあまり熱心には打たなかったような気がします。

ノーマルAタイプに慣れていた僕は1/300以下のビッグ確率の台は打ちたくなかったんですよね^^;ARTも含めて考えれば甘い台なんでしょうが・・・

 

★ディスクアップの思い出

同時期に出たドンちゃん2の方がボーナスが軽くて好んで打っていた気がしますw
こらえ性がなくてボーナス重い台は基本苦手です・・・

それでも今思うともっと打っておけばよかったなと少し後悔です。

 

★ディスクアップ 僕の評価は

食える度★★☆☆☆
設定6の爆裂度★★★★☆
ゲーム性★★★★★
サウンド★★★★★
技術介入度★★★★★

84点!

甘い台なのでホールは基本設定1だったと思います。
アドリブ王子で設定3あればうまいって描いてあった気がします。

設定6は打ったことないので想像。

ビッグ中、ART中、停止音、ナビ音声どれをとっても秀逸でかっこいいです!

ビタができれば設定3もあればかなり甘いと思うんですけどね。
判別要素がビッグ確率しかなかったので狙いにくかった。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

サムライスピリッツS 筺体

サムライスピリッツS

大江戸桜吹雪

大江戸桜吹雪2

ワッパーズ

ワッパーズ

ジェットセットラジオ 筐体

ゲームタイアップ機のはしり ジェットセットラジオ

ハードボイルド 筺体

ハードボイルド

祭